人身事故の傷害部分の損害賠償額(1)治療関係費

 損害賠償額の算定(人身事故・任意保険) 

 

傷害による損害 (自賠責の限度額は120万円)

 

 

 

(1)  治療関係費

  ・治療関係費とは、応急手当費、診察料、入院料、投薬・手術・処置料、

   歯科治療費、柔道整復等の費用、温泉療養費、義肢等の費用をいいます。

   事故日と初診日が相当開いている場合や、治療の間隔があまりに開くと

   因果関係が問題になる場合があります。

 CIMG0599.JPG 

   ・応急手当費とは外傷の悪化を防止するための緊急な医  学的処置で、

   たとえば、骨折部の固定とか、出血部の止血などにかかる費用です。

  

   ・入院料とは、病院もしくは診療所に入院中の入院室料、看護料、給食料

    入院時医学管理料等の費用です。

    なお個室の費用は、頭部外傷等で医療上個室管理が必要とされ、

    かつ医師の証明があった場合認められます。

    また、個室の費用は個室以外の普通病室が満床の場合も対象になります。

    被害者の社会的地位などの特別事情で求められる場合もあります。  

 

 無料相談

▲このページのトップに戻る