人身事故の傷害部分の損害賠償2 休業損害

(2)  休業損害 

 

交通事故の損害賠償においては

治療費や交通費などのように実際出費したものは積極損害

と言い、出費を証明することで支払われますが

休業損害のように本来交通事故がなければ得られたはずの

収入が事故により得られなくなった場合の損失補てんを

消極損害といいます。

 

これは事故前の資料を基に資料を作製し、請求していくことになります。 

それぞれ事故前の就労の状態により請求のための資料が異なってきます。

  

以下のようにおよそは分けられますので、詳しくは

以下のページで該当する部分をご覧ください。

1給与所得者(パート・アルバイトを除く)

 原則として1週間の労働時間が30時間以上の方に適用されます。発的な退職は対象になりません)

 2自営業者 

 3家事従事者 

 4パート・アルバイト等の給与所得者

 5上記以外の者

 

無料相談

▲このページのトップに戻る