交通事故のご相談はこちら

photo_fukuma - コピー.jpg交通事故相談は@メールAお電話B面談のいずれかで行っております。

お電話(03-6457-8012)

または下記のメールによるご相談フォームよりお気軽にお問合せください。(ご相談フォームはページ下方にあります)

 

お悩みごとは、どんなことでも遠慮なくご相談ください。

当事務所は後遺障害の等級獲得とそれに向けた有効な意見書や診断書を書いて

もらうための医師面談等を特に専門性を持って行っており、それによって後遺障害、

あるいはより上位の後遺障害が獲得できた事案も多いですが、

いろいろなお話の中から、後遺障害の獲得につながる問題点、そのために今何をしたらいいのかが

見つかることもかなりあります。


後遺障害は、異議申し立てにより上位等級が獲得できることも多くありますが、

自賠責保険は書面審査が基本で、書面で提出のない後遺障害は、残存していないものとみなされます

ので、後遺障害認定につながる書面や画像・資料の提出が初回にどれだけできるかが肝心です。


保険会社任せにすると、形式的に書類が整っていればそれで提出し、

その結果思ったような認定がなされなくても、国の機関の判断ですと言われてしまいます。

交通事故に詳しくない普通の人は、そんなものかとあきらめてしまうことも多いです。

でもそれで本当にいいのでしょうか?


やはり初回の申請時にきちんと内容を精査して、本当にベストな書類申請ができているの

かを一度は検証してみることは大切だと考えます。


自賠責保険は一度医学的判断がなされると、その判断を覆すハードルは高くなります。

従いまして、初回申請前にこれでいいのかどうかの無料相談はぜひお勧めします。

 

 初回のご相談は無料(45分)です。 

(上記Bの面談による相談は要予約です。

 

  →  ご相談フォーム    


※また、後遺障害は等級が一つ違うだけで、自賠責保険部分と任意保険分部を合わせると

 受け取る保険金に数百万円から数千万円の違いが出るケースが多いです。示談をしてしまうと

 原則どうにもなりませんので、疑問や可能性があると思われる場合はぜひとも示談前に

 無料相談をご利用ください。


 

▼▼お電話でのご相談はこちら▼▼
TEL : 03-6457-8012

受付時間 :通常 月〜金 10:00〜17:30

土休日・時間外も受付可能な場合もございます

相談メールは随時受付

 

 

行政書士には職務上の守秘義務がありますので、安心してご相談ください  (行政書士法第12条)

▲このページのトップに戻る