交通事故に社会保険(健保・労災)の使用はできる?

◆交通事故による大きなお怪我で入院をされている場合などに、保険会社から

 健康保険(業務中の事故であれば労災保険)の使用を勧められることが

 あります。

 お怪我が大きくて過失割合の適用が予測される場合には、これら

 の社会保険の利用をぜひお勧めします。このような場合に自由診療のままに

 しておくと後日、損害賠償の示談の際に不利益になります。

 なぜならば損害賠償の考え方は、治療費も過失相殺の対象になるので、

 保険会社は全額を病院に支払った場合、被害者の過失分の治療費は

 過払いになっているので、被害者が後日受け取れる損害賠償額から相殺します。

 したがって治療費の総額を大きくしないことが、被害者にとって、損害賠償を受ける

 際には有利になります。

 まれに病院によっては、交通事故の場合は自由診療しか選択できないようなことを

 言う場合がありますが、健康保険診療を取り扱っている以上は、被保険者側から

 健康保険の使用の意思表示をした場合には、病院側が使用を断ることはできません。

 なお、治療費は初期のほうが高額になる場合がほとんどですが、後日健保に

 切り替えたほうが損害賠償上有利であるケースであることがわかっても、遡って

 健康保険切り替えの取り扱いをすることはできませんので、そういうケースは

 早い段階で健康保険に切り替えないと効果が薄くなってしまいます。

▲このページのトップに戻る