警察に届けたうえで、きちんとした治療を受けましょう

お怪我が治るまでにすべきこと

 

◆まず、必ず警察に届けましょう

<物損事故と人身事故の区別>

後日、保険会社から人身事故の損害賠償の支払いを受ける際には

人身事故の交通事故証明が必要になります(通常は保険会社が取り付け

ます)が、お怪我があった場合、人身事故として警察に届けていないと

人身事故としての事故証明が発行されません。

事故の時は何でもなくて物損だけで届けた場合も、後日頸の調子が

悪くなったりなど、症状が現れて、人身の損害が出た場合には

診断書を提出して人身事故に切り替ましょう。

(ちなみにいわゆるむち打ちの症状は事故の当日よりも翌日以降に

発現するほうがむしろ多いのです)

 

注意点

物損の事故証明では同乗者の名前は出てきませんので、同乗者の

たとえば子供さんが受傷した場合は人身事故扱いにしないと、事故証明

に本人の名前が載らなくなってしまいます。 

 

治療に関しては、医者の指示に従い納得のいくきちんとした治療を

受けましょう。

最初救急車で運ばれた場合は、なるべく近所の通院に便利で評判のいい病院に

転医するといいでしょう。

その際病院の医事課の窓口に交通事故での受傷であることを必ず伝え、

相手方の任意保険が対応している場合は、その担当者に転医先の

電話番号を伝えておきますと、一部の国公立病院を除きほとんどのケースで

治療費の支払いは直接保険会社から病院になされます。

 

注意点

被害者側の過失が大きく、かつ怪我が重い場合などは健康保険

を使うほうが後日の賠償上有利になることが多いので、上記手続き

ではなく、健保もしくは労災使用の手続きが望ましいです(次項参照)

 

また、痛いのに、忙しかったり等の理由で我慢したりする人もいますが、

治療効果を妨げるのみならず、後日、賠償においても、 正当に得られる

はずの賠償金が得られなくなることにもなりかねません。

 

初期対応はとても大事です。迷われたならお気軽にご相談ください。

無料相談 

 

→ 症状固定になったら

→ 後遺障害の等級が決まったら

→ むち打ち症の場合

 

→社会保険の使用について 

後日の損害賠償に備えて

◆また前項でも書きましたが、被害者過失が大きいとか怪我が大きく治療費が大きい

など、事故の状況によっては、早い時点で健康保険や労災に切り替えたほうが

被害者にとって後日、示談の際にかなりのメリットがある場合があります。

早い時点で行わないと効果があまりなくなってしまうケースが多いので

とくに入院の場合はもちろん、通院が長期化した場合を含め、なるべく早期に

行政書士に相談してみましょう。

 

→ 社会保険の使用について

 

◆通院等にタクシーを利用した場合は必ず領収書を取っておきましょう。

その他出費を要したものは後日、賠償の対象になるものもあるかも

しれませんので、保存しておきましょう。

無料相談

▲このページのトップに戻る