後日の損害賠償に備えて

◆また前項でも書きましたが、被害者過失が大きいとか怪我が大きく治療費が大きい

など、事故の状況によっては、早い時点で健康保険や労災に切り替えたほうが

被害者にとって後日、示談の際にかなりのメリットがある場合があります。

早い時点で行わないと効果があまりなくなってしまうケースが多いので

とくに入院の場合はもちろん、通院が長期化した場合を含め、なるべく早期に

行政書士に相談してみましょう。

 

→ 社会保険の使用について

 

◆通院等にタクシーを利用した場合は必ず領収書を取っておきましょう。

その他出費を要したものは後日、賠償の対象になるものもあるかも

しれませんので、保存しておきましょう。

無料相談

▲このページのトップに戻る