症状固定になったら

 

◆症状固定になったら

  

後遺障害の部分については傷害部分を任意保険会社が

対応している場合でも、被害者請求の形で、

直接自賠責の調査事務所に等級認定を仰ぐことができます

 

保険会社経由で後遺障害等級の判定を、「事前認定」という

形で行うことを保険会社は言って来ると思いますが、

どちらかといえば上記のように「被害者請求」の形で認定を

仰ぐ方法をお勧めします。

 

なぜならば、後遺障害の獲得は最初が肝心ですが、

被害者請求で行う場合は、当事務所が委任状を頂き

行政書士名で提出を行いますが、その際後遺障害診断書や

提出資料に不備がないかを内容を事前にチェックするからです。

 

また、等級が認定になった場合はまず自賠責の保険金額が

示談をまたず、すぐに支払われますので、早く一定のお金を

手にして後は任意保険の上乗せ部分をじっくり検討することが

できます。

 

また、被害者側の過失が大きい場合には、事故発生状況報告書を

被害者側で作成しますので、特に事故状況に争いがある場合は

有効です。(自賠責の重過失減額適用になりにくいことも考えられます。)

 

自賠責の後遺障害認定用の診断書用紙は当事務所にも

ありますので、この手続きを希望される場合はご相談ください。

手続きは委任状を頂き当事務所が行います。

 

後遺障害の診断書の記載は、通常は通院している病院の医師に

お願いすることになります。この時に残存している症状をちゃんと 

すべて記載してもらうことが大切です。 

 

◆気をつけなければいけないこと

 

後遺障害診断書の記載ができるのは医師に限られます。

 したがって、むち打ち症などの場合、どの治療方法を選択する方が治療効果が

上がるかは個人差があり、整骨院や治療院の治療のほうが体に合う場合もあり

ますが、次第に症状固定の状態になって、後遺障害と思われる症状が残存する

ことが見込まれる場合には、並行して病院にも通院し、医師の診察を受けておく

必要があります。

 

● 後遺障害の等級が認定になるかどうかは、残存する症状や、それがこの先も

 継続することなどを、いかにきちんと記載してもらうかにかかっていることは

 いうまでもありません。したがってなるべく日ごろから担当の医師にしっかり

 書いてもらえるように良好な関係を築いておくことも大切です。

 

●後遺障害等級の異議申請をする場合にも、担当医師に認定ポイントについて

 の意見書ないし診断書をお願いすることが多いので、やはりこの場合にも

良好な関係の構築の有無が大切です。

 

この異議申請は当事務所が最も力を入れている業務の一つであり、

高い認定率を誇っております。

 

 

※後遺障害を獲得するには

 

1.まず最初にきちんとした(被害者請求がおすすめ)

請求手続きをすること

 

2.次に満足する結果が得られなかったならば

内容により、可能性があるならば後遺障害等級異議申請をすること

 

3.上記1.2.でも認定にならなっかったときは、その理由により

 判断の是非を問う紛争処理機構の利用を考えるCIMG1624 - コピー.JPG

等適切な判断により手続きを進めることにより、きっと満足の

ゆく結果が得られるのではないかと思います。

 

迷っておられる方はまず無料相談をされることをお勧めします。

 

→後遺障害等級異議申請

無料相談

▲このページのトップに戻る