交通事故で、一人でお悩みではありませんか

交通事故に遭われた方

一人でお悩みになっていませんか?

CIMG0288.JPG

 

・事故の後、まだ体調が悪く、怪我した部位も痛い中で、相手方の保険会社がいろいろなことを言ってくるけれど、どうしていいのかよくわからない。  

・治療を続けたいのに、保険会社から治療の打ち切りを言われ困っている。

・治療費や休業損害の内払をしてもらっていたが、自賠責を超えそうなので今後は難しいと言われたけどなぜ?そもそも自賠責保険と任意保険の違いもよくわからない。

・後遺障害が残って困っているのに納得いくような認定をしてもらえない。

・後遺障害等級の異議申し立てをしたいが、医学的な反論は一般人には困難。

・後遺障害の申請に向けて医師に反論の資料としての診断書を作成してほしいが

 一般人にとって、ポイントとかどのように医師に伝えたら良いのかわからない。

・示談金額が提示されたが、示談前に専門家に相談したい 。

 

その他にも、まだまだいろいろおありだと思います。

そんな時は、まずは交通事故専門の、街の身近な相談者である行政書士に相談してみましょう。

現在抱えている問題から今後の相談や手続きなど、解決に向けてお役に立てる

ことがいろいろあります。

 

交通事故の解決は、後々に法的な紛争ごと(お金と時間と精神的な負担がかかります)にするよりは、

解決までに先を見据えてきちんとした手続取り、ベストな治療状況を選択し、その時々の

状況の中で後の損害賠償(示談)に向けてベストな行動をとることが大切です。


また後遺障害の等級がひとつ違うだけでも逸失利益と慰謝料が全く違って来るので、

ちゃんとした後遺障害の等級を獲得するためにどのように通院し、どのように後遺障害診断書を

作成してもらうか、が肝心です。

さらに後遺障害等級の獲得に向けて異議申請をする場合は、問題点を保険上の等級認定ポイント

の観点から医学的に解析し、ベストな道を選択することが大切です。

またその解析の結果をきちんと診断書ないし医師の意見書等に反映させて、異議申請の資料

として提出することが必要です。そのためにはきちんとしたドラフトを用意して医師に面談して

書いてもらうことがベストです。

このようなお手伝いを当事務所では行っておりますので

お困りの方はまず無料相談のご利用をお勧めします。

 

その結果としてはるかに大きな賠償金の獲得に繋がったケースが多数ございます。

 

無料相談

行政書士に相談しましょう

 

交通事故でお困りの時は、「街の身近な法律家」である行政書士に気軽に相談してみましょう。

行政書士は、身近な法律家で、各種相談、権利義務および事実証明に関する業務を

行います。交通事故では、後遺障害等級異議申請や示談提示額の妥当性等を検証して

書類を作成し、最終的には紛争事にしない最大限の賠償額で解決のお手伝いをします。

 

具体的には、後遺障害に関しては原則委任状をもらい、次のようなステップで

後遺障害の等級を獲得を目指します。

 

@まずは被害者請求の形で自賠責保険会社から等級を獲得する手続きをとります。

A上記@で納得する等級が獲得できなかったっ場合は自賠責保険会社に

 等級異議申請を行います。

B上記Aでも満足いく結果が得られなければ最終的には紛争処理機構に

 異議申し立ての手続きをとります。

 

等級決定後は

損害保険会社に対し、「損害賠償請求書・計算書」の作成や「示談書」の作成、

またその前提となる就労不能期間等を医学的に証明する書類の作成

のお手伝いも行っております。

 


行政書士は比較的利用しやすい金額で気軽にご利用いただけるのも特徴ですが、

争訟性ある事案や、代理人としての示談交渉とか裁判所への訴訟提起はできません。

お受けした事案がそのようなケースになってきた場合は弁護士を紹介いたします。



後遺障害等級が獲得できる状況なのか、あるいは示談前に、いったいどのくらいの

損害賠償金額になるか等を知りたいと思われる方は、ご相談いただければと思います。

そこで問題点がはっきりしたら、いろいろな対処方法を考えればいいかと思います。

 

保険会社等の回答によって、それぞれその事故にとって最良の請求方法を考えます。

まずは、行政書士に気軽に相談して見ましょう。

無料相談

 





▲このページのトップに戻る