交通事故医療判定の専門家との連携による、後遺障害の等級獲得

 交通事故の損害賠償においては、適正な後遺障害等級を獲得することは

最も重要なことです。これ無しに、どんな資料や請求を出しても、損害賠償額に

反映する部分はたいして大きくなりません。

後遺障害の等級が少しでもアップすれば、これに伴い逸失利益の計算における労働能力

喪失率も喪失期間もアップし、また後遺障害としての慰謝料もアップしますので、

損害賠償額は大幅にアップします。

 

@治療終了の時期に後遺障害が残っている場合はご相談いただければ、後遺障害獲得の

可能性を考えたうえ、可能性があればまず被害者請求の方法で手続きを進めます。

最初が肝心なので後遺障害診断書の内容を精査して不備があるようなら可能な

補足を行い必要な資料を整え手続きを進めます。

 

Aすでに認定されている場合、あるいは非該当になった場合で、

後遺障害認定結果が、現状から納得できない場合は異議申請を行います。

これは等級ごとの認定基準の、ポイントを押さえた医学的な根拠に基づく

ものでなければなりません。

 

そのためには前回の自賠責調査事務所からの認定結果の「理由」部分を

当事務所あるいは事務所提携の医療判定にて専門家が画像解析等を行います。

その結果どの部分を医学的に証明し文書に記載してもらうかを判断し

この結果を反映させた文書のドラフトを作成したうえで医師面談を行い

新たな診断書ないし意見書を作成してもらい、これを資料として

提出の上、後遺障害等級異議申請もしくは後遺障害被害者請求の手続きを行います。

 

上記のように当事務所は、交通事故の後遺障害認定に長年の経験と実績のある

高度な技術を持った医療判定機関と提携してますので、

医学的なポイントを医師に文書に記載してもらい

質の高い後遺障害異議申請を行っております。

その結果、目指した後遺障害等級を多くの件で獲得しております。


<医師面談について>

医師面談は弁護士が行うと医師は法的な争いごとに巻き込まれると

考えがちで、これは多くの医師ができれば避けたいと考えており

あまり協力的ではないケースが散見されますが、

行政書士が自賠責の手続きを行う上で患者さんのために

先生のお力を貸していただきたいと伝えますと

たいていのケースで協力していただき目指す内容の

文書を記載していただけます。

またこの場合の費用も弁護士特約があればそれでまかなうことができます。


当事務所が多くの結果を残しているのはこの医師面談の結果によるところが

大きいです。


迷われている方はぜひご相談ください。


後遺障害獲得事例

 

無料相談

▲このページのトップに戻る