死亡の場合の損害賠償額

 死亡による損害(自賠責の限度額は3000万円) 

(1)  葬儀費

・自賠責は100万円が上限ですが、任意保険は各種資料によりこれを

 超えた場合、一定額まで認定が可能です。

 

(2)  死亡逸失利益・死亡による逸失利益は以下の方法で計算します。

 

・逸失利益=(事故前年収入額−生活費)×就労可能年数に

 対応するライプニッツ係数・事故前年収入額については後遺障害の項目を

 参照ください。

 

 ・死亡事故においては、損益相殺の法理により、被害者本人の生活費を

 控除します。これは被害者の被扶養者の有無および人数により区分されます。

  

被扶養者がない場合           50%被扶養者が一人の場合        40%被扶養者が二人の場合        35%被扶養者が三人の場合        30%

 

(3)  死亡慰謝料

 ・死亡による慰謝料とは、被害者本人が死亡したことにより被害者の父母、

 配偶者、子が被った精神的苦痛にかかわる損害であり、民法第711条に

 基づきます。

 

・認定額は被害者の死亡時における以下の属性により区分されます。

@「一家の支柱」

A「高齢者」

B「18歳未満の者」

C「その他」

 

・自賠責保険では被害者本人の慰謝料を規定し、遺族慰謝料請求権者の

 人数により区分しています。

 

・死亡事故は計算のやり方で受取額が大きく変わることが

 あります。疑問がありましたらご相談ください。

無料相談

 

▲このページのトップに戻る