むち打ち症が慢性化する身体的原因

◆むち打ち症が慢性化するのはさまざまな原因があります。

ここでは交通事故の被害時の身体的な原因についてを記載します。

 

(1)脊柱管狭窄症

脊髄の通っている管、つまり脊柱管が狭くなっている状態です。

交通事故で急激な背屈が生じると脊柱管が狭くなって脊髄に

障害が起きてくることがあります。

 

(2)後縦靭帯骨化症                        

OPLLと呼ばれるものです。後縦靭帯とは椎体と脊髄の間に縦にある

靭帯ですが、これが経年などにより骨化してくると、脊柱管が狭くなり

(1)と同様に神経症状の原因となることがあります。交通事故以前には

なかった症状が発現し容易に治らないケースもあり、事故との因果関係

が問題になってきます。(素因の競合)

▲このページのトップに戻る