高次脳機能障害とは

◆高次脳機能障害とは

 

高次脳機能障害とは、交通事故などで脳が損傷され、一定期間以上、意識障害の

状態があった場合などに起こりやすく、記憶、記銘力障害、集中力障害、 遂行機能障害、

判断力低下等の認知障害と、感情易変、暴力・暴言、攻撃性、幼稚、

性的羞恥心の低下、多弁、自発性・活動性の低下、病的嫉妬、被害妄想等の

人格変化を典型的な症状とする脳機能障害をいいます。

また半身の運動麻痺や起立・歩行が不安定になる等の身体的な症状を伴う場合もあります。

 

従来の頭部外傷後障害の認定根拠は、画像(CT,MRI等)で直接脳の表面に

異常がある(血腫、挫傷痕等)ことが認定されなければ認められにくかったのです。

つまり、事故によって頭部を受傷し、認知障害や人格変性が生じたとしても、脳の

表面に画像検査で全般的な脳損傷を認められなければならなかったのです。

 

ところが、近年脳に対する損傷の加わり方から頭部外傷を分類し、脳損傷を局在損傷と

びまん性脳損傷に区分する学説が公表されました。

 

これは、脳の表面の外形的な異常を画像によって確認できないにもかかわらず、前述した

認知障害や人格変化などの、脳に直接損傷があった場合に発生する障害と同様の傷害が

起こるもので、交通事故の場合は特に、この「びまん性脳損傷」の存在も視野に入れて

考えることが求められるようになってきました。

 

▲このページのトップに戻る