損害賠償ウラ事情〜争い事にせずに賠償額をアップさせるには

被害者の立場になれば、交通事故でさまざまな苦労や我慢をされている中で

起こってしまったことは仕方ないけれど、せめて損害賠償はなるべく多くもらいたい

と考えるのが人情です。

 

交通事故の損害賠償は民事問題であり、損害賠償のゾーンには幅があります。

日本の法律は当事者主義を採っており、資料等を提示し、説得力のある有利な主張をした

者は、それだけ上限の賠償額を得られる可能性が高まります。

 

交通事故で言えば、まずは後遺障害の等級がアップすることが、賠償額をアップさせる

最上の手段であることは間違いありません。

また、等級が同じ場合でも、保険会社に資料等を提示し、説得力のある有利な主張をすれば

それだけ賠償額はアップしていきます。

特に後遺障害等級が認定になった事案は逸失利益をどのような資料、計算で

請求するかで大きく賠償額が変わったことは何度もあります。

過失がないのに自賠責の保険金額で計算されている場合は大きくアップする

可能性が大です。

 

保険会社はきちんとした資料や理由があれば、その権限の中でなるべく

争うよりは解決の道を選びます。

 

少しでもお困りのことや疑問に思うことがありましたなら相談をお勧めします。

 

無料相談

▲このページのトップに戻る