傷害による損害・積極損害(その2)

2.積極損害(傷害による損害・その2)


(1)治療関係費(続き)

 諸雑費
療養に直接必要のある諸物品の購入費又は使用料、意思の指示により摂取した栄養物の購入費、通信費等とし、次のとおりとする。
 入院中の諸雑費
入院1日につき1,100円とする。立証資料等により1日につき1,100円を超えることが明らかな場合は、必要かつ妥当な実費とする。
 通院又は自宅療養中の諸雑費
必要かつ妥当な実費とする。

 柔道整復等の費用
免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。

 義肢等の費用
 傷害を被った結果、医師が身体の機能を補完するために必要と認めた義肢、歯科補てつ、義眼、眼鏡(コンタクトレンズを含む。)補聴器、松葉杖等の用具の製作等に必要かつ妥当な実費とする。
 アに掲げる用具を使用していた者が、傷害に伴い当該用具の修繕又は再調達を必要とするに至った場合は、必要かつ妥当な実費とする。
 ア及びイの場合の眼鏡(コンタクトレンズを含む。)の費用については、50,000円を限度とする。

10 診断書等の費用
診断書、診療報酬明細書等の発行に必要かつ妥当な実費とする。

(2)文書料

交通事故証明書、被害者側の印鑑証明書、住民票等の発行に必要かつ妥当な実費とする。

(3)その他の費用

(1)治療関係費及び(2)文書料以外の損害であって自己発生場所から医療機関まで被害者を搬送するための費用等については、必要かつ妥当な実費とする。

 

▲このページのトップに戻る