後遺障害異議申請のしくみ

認定(含む任意保険会社の事前認定)

後遺障害の等級認定(含む受傷と後遺障害との因果関係の認定)については各地にある

最寄りの、自賠責調査事務所が行います。 

認定依頼方法は、加害者側の保険会社経由で行う「事前認定」という方法と

被害者が直接この調査事務所に対して行う「被害者請求」という方法があります。

当事務所ではどちらも扱っておりますが、事案の内容により、より適した方法を選択します。

 

異議申請

認定された等級が自分の主張と少しでも違うと思う場合は、「後遺障害の認定等級に対する異議

申立書」を自賠責保険会社に提出することになります。 これも上記と同様に保険会社経由で行う

「事前認定」と被害者が直接調査事務所に対して行う「被害者請求」の方法があります。

いずれの方法にしても被害者自身が個人的に申請する場合に比べると、

専門の医療判定を行い、認定基準を踏まえて作成する当事務所の異議申請は、

今までの例では、かなりの高い割合で異議が認められております。

 

最も多いケース(むち打ち症)に関して
 

14級9号「局部に神経症状を残すもの」(代表例は頸椎捻挫、いわゆるむち打ち症)の認定件数が

近年減少しておりますが、異議申請を提出することによりかなり等級が認定されます。

最初の認定は今後の余地を残して、明確な所見がない限り「非該当」としている向きもあるのでは

ないかと思えるくらいです。

なぜなら自覚症状のみで画像上他覚所見が見られないという理由で非該当になった方が、

医師の意見書や自認書等の資料を添付した当事務所の異議申請により、

かなり高い割合で14級9号が認定になっているからです。(この部分は当事務所の強みです)

賠償を獲得しようとする側(被害者側)のちゃんとした立証方法の有無が結果を左右します。

よって症状が残っている方は、非該当になったからといって、すぐに諦めずにご相談ください。

道が開けるケースがかなりあります。

 

紛争処理機構

 

異議申請の結果が納得いかない場合で、新たな医証などの証明手段がある場合は

資料として提出の上再度の後遺障害等級異議申請を行うことになりますが、

異議申請の結果の判断理由書に記載された理由・考え方に納得できないときは

紛争処理機構の利用をお勧めします。

詳細はこちら 紛争処理機構

 

 

無料相談

 

▲このページのトップに戻る