むち打ち症の後遺障害等級獲得に向けて

これまでに述べてきましたようにむち打ち症にはさまざまなケースががありますが

残存する症状が日常生活や仕事に少なからず影響を及ぼしているのであれば、

後遺障害の等級を獲得して、後遺障害の逸失利益や後遺障害としての

慰謝料をきちんと計算した賠償額を獲得したいものです。

 

獲得に向けてのポイント

後遺障害の認定基準でいえば、12級以上のむち打ち症による神経障害は、

医学的に証明されたものを意味し、通常はレントゲンやMRI等の画像上の

他覚的所見を要します。

  

14級では、医学的に残存症状が説明可能であれば足りるので、画像上の所見が

なくても認定されることは可能です。 要はいかに現状を認定機関である

自賠責調査事務所に書面で表現して伝えるかにかかってきます。

 

従いまして初期の申請から被害者請求の形で、後遺障害診断書等の提出書類

の内容をきちんと精査して、申請を行うほうがお勧めです。

  

また、一度は非該当になってもあきらめずに後遺障害異議申請を行った結果

等級を獲得できたケースは数多くあります。

ただしそのような場合はその症状につき、認定上のポイントとなる医師の診断書や

意見書が有効となることが多いです。

(当事務所では、医者に記載してもらうためのポイントを盛り込んだ診断書や意見書のドラフトを

作製しています。場合によっては当事務所で医師と面談し取り付けます。)


また、外傷を契機として心因反応(外傷性神経症)があり、それが精神医学的治療を

しても治らないときは、これを考慮した後遺障害の有無の判断も必要です。

ちなみに、裁判になった例を見ますと、非該当を含めて自賠責の後遺障害認定結果を

一方的に採用しているわけではなく、被害者の主訴の内容、治療の経過、事故態様、

主治医の意見等を総合的に考慮して、後遺障害の存否・程度、治療の

必要性・相当性などを認定するというやり方をとっています。

 

当事務所でも異議申請の際には、これらの点を総合的に考慮して必要な書類を

作成・添付のうえ提出を行っております。

 

むち打ち等の症状が残っているのに認定結果が納得がいかない場合はご相談いただき、

認定内容を吟味の上、現在の症状と照らして、反論する内容、理由を明確にして

後遺障害等級異議申請等を行うことが重要です。

異議申請を行い認定に至った例は数多くあります。CIMG1609 - コピー.JPG

また何回やっても自賠責の調査事務所では非該当だったものが

紛争処理機構の判断を仰いだ結果14級9号が認定になったケースも

数件あります。(むちうち症の場合は結構多いです)

納得がいかない場合は諦めないでともに頑張りましょう。

 

無料相談

▲このページのトップに戻る