高次脳機能傷害の当事務所による後遺障害等級獲得例

🔶高次脳機能障害については当事務所は獲得実績がかなりあります。

以下はその一例です。

 

○神奈川県 男性 63歳 初回は別表第二第3級3号に該当と判断されましたが当事務所で3回にわた

            る医師面談の結果を記載した診断書提出の異議申し立ての結果、別表第一

            第2級1号が認定になりました。(別表第一は将来の介護費用も認定にな

            るため賠償金が数千万円上がります)

○秋田県 女性 27歳 初回は非該当で当事務所に依頼があり医師面談やその他資料を添付して異議

           申し立ての結果、第9級10号が認定になり数千万円の保険金を手にするこ

           とができました。

○神奈川県 女性 78歳 初回は第9級10号の認定でしたが、医師面談の結果を記載した、新たな

            診断書を提出して異議申し立ての結果、第7級4号が認定になりました。


このほかにも 埼玉県 女性 53歳 必要なテストを受けてもらい結果を記載の診断書提出により

                 第9級10号が獲得できた例や、同じくテストを受けてもらっ

                 た結果、第7級4号が獲得できた例 東京都 女性 40歳 な

                 どいろいろあります。

  お悩みの方はぜひ早めの相談をお勧めします。              

▲このページのトップに戻る